GRACES JAPAN グレーシス ジャパン

女性のおもてなし力で日本を盛り上げる!

女性×インバウンド事業 GRACES JAPAN グレーシス ジャパン

Voice

ゴルフを通して働く女性の活躍を応援したい

  • 2020/07/02
  • 908view

宮原真里(みやはら まり)

株式会社ゴルカノ代表取締役

HP : https://www.golkano.co.jp/

埼玉県出身/東京都足立区在住

2012年に可愛いゴルフウェアに魅了されゴルフを始める。2015年にゴルフウェアブランドJun&Rope主催の女子コンペに初参加し、参加者が選ぶゴルフウェアコーディネート人気投票No,1賞を受賞。2016年には、ゴルフ雑誌『Regina』主催の参加者約240名の女子コンペにてベストドレッサー賞を受賞。その後も女子コンペでゴルフウェアコーディネート賞を数多く受賞し、ゴルフの虜になっていった。また一方で、ゴルフで人脈が次から次へと広がっていく面白さを実感。ゴルフが女性の自己成長のきっかけになると確信し、「ゴルフを通して、頑張る女性を応援したい」という思いで起業。現在は、キャディの育成手配をメイン事業とし、『ゴルフを通して、働く女性がやりがいと充実感を得て成長し、それぞれが理想とする活躍の実現に導くこと』をミッションとして活動している。

毎日の生活の中で大切にしているコトや価値観、その理由

大事にしている価値観は、『笑顔』『謙虚』『品格』です。これは私自身だけでなく、スタッフにも伝えている企業バリューになっています。どんな時も誰に対しても笑顔でいることを忘れず、どんな時も誰からでも素直に学ぶ気持ちを持ち、どんな時も誰といる時でもゴルカノの一員であることを誇りに思い、品格ある言動を心がけています。

これは、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの名言『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。』と、『心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。』に強く影響されています。

現在の活動内容とそれを始めたきっかけ

現在、事業は大きく分けて3つあります。

1.キャディ事業(キャディスタッフの育成・手配)

2.イベント事業(ゴルフイベントの企画運営、プロゴルフトーナメント運営スタッフの手配)

3.コースショップ事業(ゴルフ用品の制作/卸売、ゴルフ場プロショップのプロデュース)

ゴルフに関連する、人・場所・モノ・体験をつなげるゴルフのトータルサポート企業です。

私自身ゴルフを始めたおかげで、一気に人脈の幅が広がり、人生の先輩方から様々な経験談やアドバイスを聞くことで視野が広がり、自己成長のきっかけになりました。そんなゴルフを通して、「頑張る女性を応援したい、女性が活躍するためのサポートをしたい」との思いから起業しました。単に「活躍」するといっても、実際は知識と経験がなければ価値のある「活躍」はできません。また結婚や出産を機に一旦社会から離れてしまうとキャリアを積む機会を作れないなど、女性が「活躍」するための道のりは平坦ではありません。ゴルカノでは、その手段のひとつとして、キャディという仕事にフォーカスし、キャディスタッフの活躍を研修から実践までサポートしています。

仕事と仕事以外のコト(趣味、家族等)との両立のコツ・気に掛けていること

自身で立ち上げた会社なので、「仕事=私自身」という感覚で、どんな仕事でも苦ではないからこそ、ずっと仕事ができてしまいます。でもそれだとメリハリがつかないので、遊ぶ時はとことん遊び、休む時はとことん休むことにしています。例えば、今日は目覚ましをかけずにひたすら寝る!とか、ひたすら読書する!とか。笑

それをする上で気に掛けていることは、自分の気持ちに素直に耳を傾け、その時、本当に心からしたいことをやることです。海が見たいと思ったら行くし、美味しいものが食べたいと思ったら食べに行く。ゴルフウェアが欲しいと思ったらひたすらゴルフショップ巡りして、帰って来てコーディネートを考えて、一人ファッションショーをしたりします。笑

将来の夢

弊社「ゴルカノ」冠のプロのトーナメントを開催することです。

本戦の前日に行われるプロアマでは、参加されるゲストをゴルカノキャディがおもてなしします。そのプロアマでキャディに従事するためには、社内で毎年選考会を勝ち抜かなくてはならない。プロアマのキャディに選出されることがステータスであり、キャディスタッフのモチベーションアップに繋がればいいなと思っています。

また現在仕事として、プロトーナメントの運営にも携わっていますが、数ヶ月前からの準備、そして一週間前からコース入りと、入念な準備と本当に多くの人が関わってトーナメントが運営されています。ホスピタリティを重視した、きめ細やかな心遣いの積み重ねで出来上がっていて、最終日の達成感は計り知れません。

ゴルカノ冠のトーナメントを開催する際は、この運営スタッフの多くもゴルカノスタッフで行い、かけがえのない経験をしてほしいと思っています。それを見据えて2020年より、『ゴルカノオープン』という名称でゴルフコンペを開催していこうと思い、3月に第1回 ゴルカノオープンを開催することができました。

この活動を通して何を伝えていきたいか

私が考える「活躍」とは、大前提として「人の役に立つこと」です。単にフルタイムで働くことや、お金を稼ぐことではなく、社会や人の役に立つことで、かつ、自身の得意なことや好きなことで充実感を得ながら頑張れていることこそが、重要だと考えています。マネーリッチより、メンタルリッチ。それぞれが理想とする「活躍」を実現に導くきっかけや、サポートをしていきたいと思っています。

「おもてなし」で心がけていること

相手の立場になって発言、行動することを心がけています。「絶対に正解」という言動はなく、その時のタイミングや状況によって変化するものだと思います。例えばキャディでいえば、プレー中に、細かくコースを説明して欲しい人もいれば、OBやバンカーの情報は知りたくなかったな、という方もいらっしゃいます。されて嬉しいこと、嬉しくないことは十人十色。一人一人に寄り添って丁寧に対応していくことが、結果「おもてなし」に繋がるのだと思います。また、ちょっとした変化にすぐ気付いて対応するためには、広い視野と観察力が必要なので、様々な経験を経ながら、常に自己研鑽していきたいです。

編集部から一言

明るい笑顔と謙虚な姿勢でいつも周りの人にパワーを与えている彼女。関わる人が気持ちよくお仕事が出来る環境を作っている姿勢は見習いたいものです。いつも努力を惜しまずに邁進していく姿勢は多くの人に勇気を与えているはず。自分の考え方だけを誇示せずに、柔軟に周りの人の意見を取り入れ、新しいことを生み出していく姿は多くの人が真似できるとても素敵な生き方だと思います。彼女が提供するサービスを是非一度利用して、そのプロフェッショナルさを体感してみて下さい。

関連する記事

この記事につけられたタグ

カテゴリー一覧